石飛と石神

大きなやり甲斐を得られ、また社会的にも有意義な看護師という仕事ですが、良いことばかりでなく、難しい面もまたあるのです。することは多く、責任は重く、実働時間の長さに加え、その不規則さも特筆するべきレベルですし、なにしろ医療に関わる訳ですから、その緊張感も半端なものではないでしょうし、そうした中では意見の相違や行き違いから、人間関係が難しくなることもあるはずです。そんなお仕事だとわかっていながらも看護師を目指そうとする人が大勢いるというのは、デメリットに目をつぶることが可能なくらい大きな満足感も得られる仕事なのです。何かと業務が多い看護師ですが、それだけに、仕事上での必要性や重要度は大変高く、大きなやりがいを得られる仕事の一つです。病棟のある病院では当然、24時間体制ですから、看護師も24時間、とぎれなく勤務します。そういう訳で、日勤、夜勤という形で業務時間を分け、交代しながら働く形になります。夜勤業務があるので、多少強引にでも時間の調整をしなければうまく睡眠がとれなくて疲労が溜まることになります。一昔も二昔も前の話になりますが、看護師といえば極端に労の多い仕事であるという風にイメージされていたようなのですが、近年ではきついながらも、それに合った高額の給金を期待できるスペシャリストであることは、世間的によく知られるようになっています。イメージが好転した大きな理由は報酬の良さもあるでしょう。看護師の給料と言えば、女性が筆頭の稼ぎ頭となって、世帯の維持が可能なほどなのです。そう、つまり看護師は高給を得られる仕事であるのは確実です。勤務時間について、看護師というお仕事には、少し厳しいようなイメージがあるかもしれませんが、実際のところは、意外に時間の調整はやり易いようになっています。それもこれも、シフトがどうなっているかによりますが、休暇を時間単位で取ることもできますから、園児や小学生などの母親をしながらであっても無理のない働き方が可能である、と思えるようです。例えば子供の急病など、退勤を含め臨機応変な対応が必要になることが多い割に、そんな中でも、なんとか帳尻を合わせて働いていけるのは、時間調整しやすい働き方による、というのが大きいようです。ついでに言うと、看護師も他業種と同じように8時間勤務です。看護師の仕事内容がかなりハードだというのは事実で、肉体的にも精神的にも、辛さを感じることはあるでしょう。特に夜勤を、二交代制、あるいは三交代制でこなしていくうちに生活が不規則になってしまい、そうこうしているうちに、体調を悪くする人もいます。ハードな仕事であるのは確かですから、要領よく休みをとらないと疲労はたまる一方であり、人によっては頭痛や腰痛を起こしたり、肩こりに悩まされたりして、心身への負担をしみじみと実感してしまうことはあります。専門職だけあって、看護師という仕事についていると、仕事にあぶれる心配はなく、転職も難しくありません。きっかけが結婚や出産だったり個人の都合にあわせるために職場を変えるケースも多いのですけれど、中には、自らの看護師スキルをさらに向上させる目的の転職を考える人もいます。転職を希望する理由がそうしたものであるなら、かなり具体性のある志望動機を持ちましょう。でないと、転職そのものが危ぶまれます。もっと多くの経験を積むために総合病院を希望したい、規模の大きな病院に移り、今よりも更に多くの症例に接したい、といったような向学心をわかってもらえるような志望動機が期待されます。日々、看護師の激務に追われて働き続けていくと、数えきれないほど大変なこともあるでしょう。そのうちに、どこが楽な病棟なのかについて真剣に検討し始めても、それはごく自然なことです。全体的に見て、比較的忙しくないとされる病棟は、辛い残業がほとんどない、という点で眼科、精神科、皮膚科や整形外科あたりのようです。とはいえ、どんな病院なのか、重症度の高い患者さんの有無などの要因によっては、業務のハードさについては差があります。出戻り、つまり一度職場をやめてからまた同じ職場に戻ってくることですが、看護師のこれは多いです。ただし、そうしてうまく、出戻りがしやすいかどうかというのはどういった事情で職場を辞めたかによって変わるでしょう。結婚や、遠方への引っ越しにより辞めることになったり、あるいは出産、育児のために辞めた、というような事情なら、簡単に出戻って復職しやすいかもしれません。実際に、こうして働いている看護師は多いです。家の事情などによって、夜勤が無理なので日勤業務だけのパート勤務を希望し、復職を果たす、という人も増えてきています。医療の現場に携わる仕事とあって、看護師は神経を張りつめていることが多く、そのために多くの看護師はストレスに悩まされます。つまりこの仕事は、体力的につらい面に加えて、心にも大きな負担がかかるということになります。そんなストレスをなんとかできるよう工夫する方法を知っているかどうかということは、この仕事を続けていくのであれば見逃すことのできない点になるでしょう。看護師の働く職場では、人間関係が上手くいっている所は少ないといった話は、実によく耳に入ってきますけれども、高い割合で女性の数が多い仕事場であることが、理由の一つであるようです。というのも、小さな集団を作って、気の合う者同士固まる傾向が女性には強くて顔を合わせる度に、娯楽として誰かの悪口に励んだりもするでしょうし、仕事場にいる殆どの人が女性、といった場合には頻繁にそんな光景も見られるでしょう。あまり健全ではない、そんな空気の中にいて少々げんなりすることもあるかもしれませんが、そんな風になりやすいのも、ただ単に女性の数が多い職場だから、とわかっておけば、冷静でいられるでしょう。新しい看護師として、初めて病院で働くことになった際に、自分がどこに配属されるか、というのは少々心配かもしれませんが、ほぼ希望を通してくれる場合もあり、また、そこで人事を引き受ける人の見解により、決められてしまうこともあるでしょう。望んでいない配属になったとしても、その場所でその人が必要だという病院側の判断により、導き出された結果としての配属であるはずです。もし、その配属先にどうしても納得がいかないのであれば、直属の上司に訴えてみることはできますし、考慮されることもあるでしょう。景気に関係なく求人が途切れることのない看護師は、転職が大変やりやすいといわれています。することはまず、求人を探し、転職希望先に履歴書を送ります。履歴書による書類選考に通ったら、多くの場合は面接という形になるでしょう。これまでの経験や職務について、志望動機など聞いてもらったり、質問を受けたりすることになるのですが、実務的なことの他に、職場で円滑な人間関係を作ることができるかなど、性格的な部分もテストされていると思ってください。人間的な良さをアピールできると、とても有利でしょう。看護師の仕事をしていく中で当然のようにやめたいと思うことも何度もあるでしょう。 重要な仕事で失敗してしまったり患者さんとのトラブルなどもあるのです。ただ、やりがいがあると感じることももちろんあります。時に厳しく、時に優しい諸先輩方。周囲の人々にサポートしてもらっていることを実感する日々です。思い返してみると、私が看護師になりたいと思ったのは中学の時の職場体験で、介護施設に訪問したのですが、その時そこで働いていた看護師さんに感動したのがきっかけです。大人になったら、あんな仕事をしたいと思ったことをきっかけにそこから看護学校へ進み、看護師になることが出来ました。いやなこともありますが、毎日が充実しています。色々な働き方ができる看護師なのですが、そのほとんどはやはり、病院で勤務しています。しかしながら、病院における看護業務の他にも、多くの場所で、看護師資格を持つ人材は求められています。例を挙げると、企業内の医務室だとか、保育園や託児所、介護施設などですが、こういうところで働く看護師は大勢いて、人気のあるところなどは、採用されることが難しい場合もある、ということです。どうしても病院でなければ働けない、ということは全くなく働く場所も多いですから、結婚したり、子供を産んだりなど、生活が大きく変わるタイミングにその時々で最も条件に見合った所に転職していくことができます。この職業を選んだ人にとっては大きな利点ですが、看護師というのは慢性的に人手不足のところが多く、常に求められています。その為、再就職などもかなりスムーズにいくことが考えられますし、その際に気を付けてさえいれば、とても良い条件の仕事先を発見することもできます。ネット環境があれば、簡単にアクセスできる専門的に看護師の求人などを支援するサイトもたくさんありますから、会員登録して上手く活用しながら自分にぴったりの仕事先を見つけることができるといいですね。収入に関しては、看護師は高給取りではありますが、更なる収入を求めて、副業に精を出す人もいます。一般的なほかの職業とは違って、ツアーナースやイベントナース、健康診断、人間ドッグのサポートというようなその時だけの単発の仕事や、期間限定、短期集中の仕事もあるため、休日を利用してWワークをしたければ、できてしまいます。ただ、本業の医療機関においてWワークを禁じていることがあったり、そもそも看護師の仕事そのものがかなりきついものですから、本業に支障が出るまで副業に励むのは、止めておくべきです。仕事そのものがかなりの激務、というのはその通りなのですが、看護師の平均寿命が特に短い、といったことはないようです。とはいえ、夜勤に出る必要もあって、生活が不規則になりがちで、寝不足や疲労から体調を悪くしたり、しこたまストレスを溜めこんだりしてしまいます。そういう看護師の仕事を続けていると、医療にずっと関わり続けて多少の知識も身に付き、人の身体がどんな具合か、だけではなく、自分自身の身体や健康についてもかなり深く理解できるようになるでしょう。病院での勤務というと、病棟勤務と外来勤務がありますが、外来勤務は基本的に日勤だけとなります。子育て中の人には、子供を昼日中だけ預けられればいいので働きやすいでしょう。それから病棟勤務と違って、外来勤務では、土日や祝日がカレンダー通りに休みになります。夜勤もありません。勤め先での外来勤務が、忙しいものになるかどうかは病院による訳ですが、人気の医師のところなどでは、たくさんの患者で待合室がいっぱいになってしまい、看護師は対応に追われることになるでしょうし、待たされる患者からはクレームも入るでしょう。求められるスキルも病院や、診療科によっても違います。学校を卒業したばかりの新人ですとか、違う病院から転職によって働き始めた看護師に、現在の職場での経験が足りないという名目で、病院によりますが、残業代が出ないという職場があるといいます。残業をさせておきながらその分の賃金を出さないでいるということは、経験のない新人だから、という未支払い理由は通用せず労働に関する法律に、明らかに違反しています。行なった残業は、労働には違いありません。なので、働いたらその分はちゃんと、働いた人に支給されるべきでしょう。看護師として働く中で、もし妊婦となったのであれば、気をつけたいのは極力、放射線を浴びないようにすることです。X線撮影やCT検査など、看護師が放射線の被曝を受けてしまうかもしれない機会は多いため、細心の注意を払ってほしいところです。もう一つ、薬のことも身近に様々な薬品が、大量に存在する環境なのですから、軽く考えない方が良いでしょう。また、立ち仕事をはじめ、何かと忙しく無理をしやすい仕事なので、予期せぬ妊娠の中断もよくあります。ぜひ妊婦としての自覚を持って、適度に休憩してください。看護師と一般の労働者全般の平均収入を比較すると、平均収入ならなんなく看護師が上回りました。慢性的に人手が不足している医療分野では需要はいつでもある訳ですから、あまり景気などの社会的要因に、収入が影響を受けないという大きなメリットがあるといえます。ただ、良い面ばかりではありません。高給取りなのは間違いありませんが、かなり長時間のサービス残業を、せざるを得ない場合が多かったりなど、看護師を取り巻く仕事環境は、あまり良いものとは言えないようです。今、私は病院事務の仕事をしています。通常、看護師さんと一緒に仕事をするということはないのですが、常にみなさん忙しく働かれています。特に家庭のある方は、夜勤もしながらの育児はハードだと思います。ですが、予想よりも柔軟に対応しているんだなと感じたのは忘年会の時のことでした。自分の子供と一緒に参加している看護師さんが少なからずいらっしゃるんです。先生方も歓迎ムードで、穏やかな雰囲気でよかったです。すっかり少子高齢化が進んで、怪我や病気のリスクが高まる高齢者の数が増えています。これにより、病院利用者も増加して、看護師もますます大変になっています。労働環境は、決して整っているとは言えず、無理をして夜勤を続け過ぎたあまりに、過労死という痛ましい結果になった看護師もいます。たとえ夜勤をしない日勤だけの仕事になっても、自宅療養の患者のための訪問介護の仕事があったりして、それら介護系の仕事でも、高齢者の急な増加により、さらに看護師の需要は高まっており、どうやら、看護師を巡る環境は、どこであっても厳しいみたいです。医師の仕事と看護師の仕事の間の、二つの間には大きな違いがあります。分かりやすい違いは、医師がすべきことは患者さんの診察を行い、そしてそれに沿って治療を行うということや、予防するためにはどうしたらいいか忠告したり薬剤の処方を行うことが主な仕事です。そして看護師については、医師に指示されたときに、医師が行う診療の補助を行い、心身ともに患者のケアするのが主な業務です。数年ほど、看護師として働いているのですが、気になったことがあります。どうやら看護師は喫煙者が多く、また、アルコールを好む人も多いのです。さすがに禁煙、分煙のお店も増えてくるなど、世間的にはタバコのイメージが悪くなっていることもあり、少しずつ看護師の世界でも喫煙する人は減ってきたようですが、それでもまだ、喫煙者はかなり多いです。それから、たまにあるお酒の席などで見られる、看護師たちの酔い方、といいますか、酔態は羽目を外しすぎるというか、詳細は申せませんが、かなりのものです。そうした姿も、日頃ため込んだストレスとせいでしょうから、たまの機会だし、発散しきれるものなら、そうした方がいいのかも、とも思うのでした。交代制で夜勤もこなさないといけない看護師の仕事は、時間が不規則になります。当然、休みはきちんともらえますけれど、大変であることは間違いなく、結婚や出産を機に退職を決意するケースが大変多いようです。結婚はともかく、出産を経て子育てスタート、となった時、いつでも託児を引き受けてくれる場所がないとそもそも夜勤などはできないものです。しかし最近になって、子育てが済んだということでまた看護師となって復職を果たすという、そういった人が増加傾向にあり、ブランクはあれど経験者ですから、期待されています。看護のスペシャリスト、看護師になろうとする場合、そのための学校、看護専門学校や短大、大学といった機関で勉強し、国家試験を受けることになりますが、これにバスしてようやく看護師という肩書きを得ます。この試験は毎年、ほぼ例外なく合格率9割前後をキープしているということで、ふつうに授業を受けていたなら、特に恐れるようなものではないようです。看護師を養成する学校というのは専門学校や短大ですとか、何種類かあるのですが、近年、より広く深く学べる上に各種関連資格も取得できる4年制大学に進む人がどんどん増えてきている現状があります。業務を交代制で進めていく中での極めて大事な仕事の一つとして、勤務内容の引き継ぎがあり、これは申し送りと呼ばれています。患者さんに行なわれた処置についてや、投薬量の変化といった情報、看護師が把握しておくべきことについての諸々を口頭で直接、次の人に報告するというものです。大事な情報が含まれますから、相手が理解できるよう話すようにします。あまり時間をかけず、要領よくこなすということも求められます。勤務や休みをある程度自由にすることができ、やりたい仕事を多くの中から選べるのが看護師という資格を、派遣という形の労働で生かすことを選んだことによる、なかなか得難い利点かもしれません。その時限りの単発の仕事や、短期間に限った仕事とか、長期で働ける方歓迎、というものもあっていろいろある中から、自分に合ったところを選べます。なので、仕事を探しているけれど、条件にぴったりくるものがなさそうな場合は条件を選べる看護師派遣も、悪くはないはずですから、それを踏まえて職探しをしてみると、視野が広がるかもしれません。