ヒマワリとお兄ちゃん

病棟勤務の看護師は12時間交代の2交代制、8時間交代の3交代制によって夜勤をこなしていくことになります。夜勤ならではの特徴としては、日勤と比べて人手がだいぶ減ってしまい、そんな状態で夜間に患者さんから腹痛など、体調の悪さを告げられたりなど、通常の作業ではない、不測の事態への対応が増加することになります。当然、通常業務もこなしますから、トータルの作業量としては、おそらく日勤を超えるでしょう。病院での勤務というと、病棟勤務と外来勤務がありますが、外来勤務の良い所というと、日勤だけ、という部分が大きいです。特に子育て中のナースにとっては大きなメリットです。また、病棟勤務と違い、土日や祝日がカレンダー通りに休みになります。夜勤もありません。忙しさの度合いについては、病院によっても違いますが、人気のある診療科や医師のいるところでは大勢の人で待合室が飽和状態になるほどで、てんてこ舞いになりますし、待ち時間の長さのあまり、クレームを入れる患者もいます。求められるスキルも病院や、診療科によっても違います。看護のスペシャリストであり、様々な役割を期待される看護師は医療や介護など、様々な場面で求められています。そんな訳で、もしも職場を変えたい等を望むなら、それはかなり容易なはずで、少し念入りに求職活動を試みれば、とても良い条件の仕事先を発見することもできます。近年においては、ウェブ上のサービスとして転職や求人を看護師に特化したサイトが豊富にあるようですので、そういうサイトを巡ったり、会員登録をしてみたりして優良な職場を探してみてはいかがでしょうか。看護婦はハードな仕事と言われていますが、看護師がいなければ病院内で仕事が回らないほどであり、とても働きがいのある仕事であることは、間違いありません。病棟のある病院では当然、24時間体制ですから、看護師も24時間、病院に滞在することになります。そこで、日勤、夜勤という形で業務時間を分け、シフトを組んで交代でこなしていきます。こういった勤務形態ですから、睡眠時間をうまく調整できない場合は充分な睡眠すらとれず、疲れやすくなる等、良くない影響が出てくるでしょう。看護師として、初めての病院で働きだそうとする際、一体どこの部署に配属が決定しているのか、少し気を揉んでしまいますが、100パーセント希望通りにしてくれるケースも多いですが、人事を担当する人の考えによって左右される場合もあるかもしれません。病院側としては、その人について知り得た情報から、その場所が最適であると判断して、検討された結果であることがほとんどでしょう。もし、その配属先にどうしても納得がいかないのであれば、上司にそれを伝えて、相談してみることもできます。病棟勤務の看護師として働いている者ですが、気になったことがあります。どうやら看護師は喫煙者が多く、また、アルコールを好む人も多いのです。喫煙者が肩身の狭い思いをするような世の中になってきて、少しずつ看護師の世界でも喫煙する人は減ってきたようですが、別の業界と比べてみたら、きっとまだまだ高い喫煙率を示すでしょう。それから、たまにあるお酒の席などで見られる、看護師たちの酔い方、といいますか、酔態はまあ、お察しの通りです。ちなみに酒豪が多いです。そうした姿も、日頃ため込んだストレスとせいでしょうから、なるべく発散できるといいな、と思いはするのですが、身体にはくれぐれも気をつけてほしいところです。看護師になって最初に勤めた病院では、人間関係に悩むことになり、結局辞めてしまいました。その時、この仕事をずっと続けられるのか、すっぱりと辞めてしまおうか、すごく迷ったものです。ですが、ハードな仕事ではあるものの、やっぱり自分には、看護師という仕事しかないだろうと考えて、転職という選択をすることにしたのでした。決意をしたものの、履歴書をどう書いたらいいのか、よくわからなくて参りました。検索していろいろ調べてみたり、本を見たりしつつ、こうかな、違うかな、などと考え考え書いたのですが、もういい大人なのだから、何か起こった時はなんでも自分自身で決定し、責任をもってやっていかなきゃ、ということがわかったのです。きついながら、やりがいも大きいのが看護師というお仕事です。どんな時にやりがいを感じるかというと、例えば、元気になって退院していった患者さんが、わざわざ改めて、病院まで足を運び、挨拶をしにきてくれた時でしょうか。また、特に患者さんのご家族からとても喜んでもらえた時など、この仕事を選んで良かった、と心から思えます。夜勤も休日出勤もあり、その上、激務でもある看護師の仕事は、かなり心身に負担がかかりますから、もし、やりがいを感じられないようになったりしたら、きっと辞職しようと考えるだろうと思います。実は同じ看護師でも格差があるのはご存じでしょうか。たとえば正社員として働く看護師は月給制です。でも、パートとして働いている場合はだいたい時給になっています。時給がどのくらいなのかというと夜勤なし、日勤のみだと1300円から1800円といったところがパート看護師の時給としての相場です。これを単純にパートの時給とみると良い時給なのかもしれません。しかし、看護師として、人命にかかわる業務をこなし、休む間もなく仕事に追われる環境について思い至ると、かなり控えめなお値段ではないのか、と言いたくなります。24時間対応が求められることの多い、看護師という仕事の勤務時間についてですが、世間一般よりも多少、やりくりしやすい部分があります。どうしてもシフト次第という点があるのは否めないものの、時間休というものを取ることが簡単にできる傾向がありますので、園児や小学生などの母親をしながらであってもそれを負担に思わず働ける、と考えている人は多いようです。子供がいることで、予定外の急用ができたりと休みや早退もありがちなのですが、それでも都合をつけながら、やっていくことができているのは、きっと看護師という職業特有の勤務の形によるところがあるのではないでしょうか。ところで、他の職業同様、勤務時間は大体8時間というのが基本です。どこの医療機関でも看護師は不足していることが多いため、看護師の転職は比較的かんたんです。することはまず、求人を探し、転職希望先に履歴書を送ります。履歴書による書類選考に通ったら、面接試験を受けることになります。その場で、これまでの経歴や志望の理由について話をすることになります。しかし、そういった話の内容のほかに、職場で円滑な人間関係を作ることができるかなど、性格的な部分も調べられているのです。技能や知識のみならず、人としての良い面を知ってもらうことができるかどうかは、とても重要なポイントになります。他の一般的な職業と、看護師の収入などを比べたデータによると、平均収入ならはっきりと、看護師の方が額は大きいのです。医療や福祉関係の機関では、看護師不足に泣いているところも多く常に需要が高い傾向が見られますから、社会情勢とは無関係に、安定した収入額が得られる見込みがあるなどの大きなメリットがあるといえます。収入が良いのは事実ですが、その一方で、否応なくサービス残業をすることになる、というケースが多いなど、働きやすい良好な環境にいる看護師は、かなり少ないとみて良いのかもしれません。新卒で勤め始めた新人看護師や、転職によって新しく働きだした看護師に、間違いなく残業をしているのに、相当する手当がきちんともらえないケースがあります。残業代の未払いは、労働者が新人かどうかは別の話で労基法違反であり、犯罪です。行なった残業は、労働には違いありません。なので、こなした分はしっかり、対価をもらう権利があります。人間関係について言えば、看護師の世界は最悪に近いなんてことを、聞いたり実感したりすることがあるかもしれませんが、これは、職場の大半の人材を女性が占めている、ということからきていると推測されます。一般的な女性の傾向として、気の合う者同士でグループを形成しやすく顔を合わせる度に、娯楽として誰かの悪口に励んだりもするでしょうし、女性ワーカーの多い職場だと、何か独特の雰囲気が漂います。職場がそんな人間関係ばかりだと少なからず嫌悪感を覚えることもあるでしょうけれど、そんな風になりやすいのも、ただ単に女性の数が多い職場だから、と織り込みつつ、人間関係を築いていきましょう。看護師が転職を考え始めるきっかけやその理由はいろいろで、転職希望者は意外と大勢いるようです。慢性的に看護師の数が足りない、とする医療機関は多く、需要は高まる一方で、結果として、求人が大変多いわけです。せっかく高い志で勤め始めた現在の仕事場においてどう考えても給料が労働に見合わなかったり、身体が辛いのにどうしても休めない、など、転職に至る理由は、人それぞれ事情があるようです。もっと良い職場環境を期待したり、今より良い待遇を求めての転職である場合、単に給料や労働条件だけを見ないで、そこでどういった噂がたっているか、評判はどうなのか、なども確認できると良いです。医師、そして、看護師。大きく異なっている点があります。分かりやすい違いは、医師とは、病気にかかった人の診察や治療、健康を維持するためのアドバイスをしたり必要なお薬を処方するといったことが仕事の内容です。他方、看護師の場合は、医師に指示されたときに、診療時に医師の補助を行って、医療面はもちろん、精神面でも患者さんをサポートしていく仕事です。ハードさで知られる看護師の仕事です。そのため、しんどさを覚える場面も多いはずです。二交代制や三交代制の勤務を続けていくと、看護師の多くは、生活のリズムを大きく狂わせ、そんな生活が、体調に響いてしまうのもよくあることです。心身ともに大きな負担のかかる仕事ですから、これにより疲れは身体から抜けることなく、とうとう、腰痛などを起こしてしまったりします。そして、心身への負担をしみじみと感じる事になってしまうでしょう。病棟勤務と外来勤務では、看護師の作業内容はまったく違ってくるものです。という訳で、例えば病棟勤務をこなしてきた人なら、転職して別の病院で働くことにしても、勝手知ったる病棟勤務に就くことになりそうです。それから、採血が上手くできるなど、採用時に雇用側に言っておくと、得意なことを最も活かすことができる職場配置となるはずです。なので、夜勤を希望したいと言っておけば、24時間体制が基本の病棟で、勤務することになるでしょう。大体において、業務の中身に見合った給料が支払われることになるでしょうから、できること、得意なこと、希望することなどは明確に伝わるように話すと良いです。今以上に自分の看護師としてのスキルを上げたいと希望するなら、兎にも角にも、経験を積んでいくことが大事です。万能の取扱説明書があって、それを覚えれば大丈夫というようなことは、看護師という仕事柄あり得ません。なので、着々と確実に業務をこなして、そこから学んでいく他はないようです。人によっては、看護師としてのレベルをもっと上げたい、として新しい職場を探す、という人も少なくありません。規模の大きい病院に移って看護師スキルをさらに底上げを図ろうとする、ポジティブな考え方の転職ですね。一般に、看護師の仕事のハードさについてはよく認識されています。勤務形態でハードさの度合いも変わりますが、病棟勤務の場合だとかなり症状の重い患者さんもいますから、急に容態が変化してその処置に大わらわになったりしますし、食事の介助など、身動きの難しい患者さんのお手伝いも仕事の一つです。いきなり緊急手術が行われたり、少ない人員で仕事を回している夜勤業務の時間に何度もナースコールが鳴って、対処が必要になったり、めまぐるしく立ち働くことになります。出戻り、つまり一度職場をやめてからまた同じ職場に戻ってくることですが、看護師のこれは多いです。ただ、それ程スムーズに、再就職ができるのか、できないのかというのは辞めた状況により変わってきます。例として、結婚や引っ越しで辞職したり、あるいは出産、育児のために辞めた、というような事情なら、出戻りをして復帰しやすいのではないでしょうか。実際に、こうして働いている看護師は多いです。家の事情などによって、夜勤が無理なので日勤業務だけのパート勤務を希望し、復職を果たす、という人も増えてきています。看護師は大変な仕事というイメージがすっかり定着していますが、看護師をしている人の寿命がとても短い、というようなことはありません。けれど、交代制ゆえに生活が不規則になるのは避けられませんから、疲れが取れなかったり、寝不足になったり、強いストレスを感じることはよくあります。そんな仕事ですが、ずっと看護師をしていると、医療にずっと関わり続けて多少の知識も身に付き、他人の状態、容態について医師の判断を予測できたり、自分自身の身体や健康についてもかなり深く理解できるようになるでしょう。看護師の存在は法律上、仕事内容として、医師の診療補助を行うと規定されているのです。医療行為を行うことは、原則として認められていませんが、医師の指導管理下だったら、処置可能なものもあるのです。しかしながら、患者さんの容体が突然変わってしまったり、切迫した状態では、経験豊富な看護師であれば、それなりの医療行為も認められる必要もあるのではないかと考えます。特に90年代の終わり頃でしょうか、看護師といえば極端に労の多い仕事であるという風に人々に捉えられていたようです。でも、近年ではきついながらも、それに合った高額の給金を期待できるスペシャリストであることは、世間的によく知られるようになっています。看護師の手にする給料というのは、女性が筆頭の稼ぎ頭となって、家族の生活を成り立たせることができるくらいの収入にはなるのです。今更言わずと知れたことではありますが、高給を得られる仕事であるのは確実です。看護師をするきっかけとして欠かせないものに収入が高いという点があります。働き始めて最初の給料を鑑みても、大体同じくらいの世代の、普通の会社に就職した人たちの相場と比べた時にも収入が高めだといえるはずです。ただし、給料を多くもらうということは、それだけよく勉強して患者さんに貢献していかなければなりません。知らない人が聞くと、暗号のような業界用語ですが、看護師の間で通じるそうした用語にエッセンという言葉があり、ほとんどの人には何の事かよくわからないでしょう。食事をとってきます、と他の勤務中の看護師に伝えるための暗号として普段から使用されているようです。ではこのエッセンというのは何かといえば、英語だとイート、つまり食べるという動詞で、ドイツ語だということです。この業界では昔、ドイツ語の単語や用語が多く使われていましたので、そんな時代の名残ですが、とにかく今でも便利な言葉として、看護師の皆さんに使われています。日々、看護師の激務に追われて働き続けていくと、大変な目にあったりもします。そのうちに、どこが楽な病棟なのかについて真剣に検討し始めても、それはごく自然なことです。ちなみに、それほど激務でもないとされる病棟は、眼科、精神科、整形外科といったあたりといわれています。しかしながら、医療機関の種類や、症状がどれくらの患者さんを受け入れる病院なのかにより、業務のハードさについては差があります。看護士と看護師、発音は当然同じですが、漢字だと、どちらでも書くことができます。少し前までだと、看護士と書くと男性を、女性を表すのは看護婦という風にはっきりと分けられていたのです。法の改正があった2001年をきっかけとして、女性にも男性にも使うことができる看護師の呼び名に一元化しました。なんといっても、看護師という職業はその他の職業と比べて待遇がいいのも事実です。そういったことが起因しているかは定かではありませんが、おしゃれな人が多くいるように感じられます。なのですが、多忙を極める仕事です。働きづめの病院もあり、せっかく収入があっても使うタイミングがなく貯まり続けるだけというのは珍しくありません。収入面も重要ですが、休みとのバランスのとれたところで働くのが最高でしょう。看護師の仕事をしていく中で当然のようにやめたいと思うことも往々にして起こります。お仕事に関する失敗だけでなく時には患者さんからの言葉にショックを受けたりすることもあります。しかし、やりがいがあると感じることももちろんあります。先輩からの励ましや優しい言葉など、日々、いろいろな方々のおかげでやってこれているんだなあと思っています。